トイレの掃除法を徹底解説

当ページでは「トイレの臭いを取りたい!」と思っている方向けに、具体的なトイレの掃除方法をお伝えしていきます。さすがに毎回の掃除に組み込むのは難しいかと思いますが、可能な限り行ってみて下さい。

臭いはどんな場所から発生をしているの?

では最初に、そもそもの「臭いを発生している部位」を解説していきます。
実は下記でご紹介するようなポイントが臭いの元となっているので、特に重点的な確認が重要になるのです。

便器の内側・便座の裏

やはり、一番原因となりやすいのは「便器・便座の裏」となります。男性であれば、案外便座を上げたりするので気がつくのですが、女性の場合、ずっと便座を閉じっぱなしにした結果、汚れに気が付かないという事もありえます。そして、その結果臭いが発生してしまう事があるのです。

壁や床

次に原因となるのが「壁や床」となります。特に立って小を行う男性が家にいる場合、飛び散りなどの結果として壁や床などが汚れてしまうのです。また、これに関連して「トイレマット」等も、かなり臭いを発生している可能性があります。

トイレの奥の方

基本的には上の2点から臭いが発生しているのですが、、、普段の掃除では手が届かないような「トイレの奥の方」でも菌が発生し、臭いが発生している可能性が挙げられます。

具体的なトイレの手法について解説

では、具体的にトイレ掃除の手法について解説をしていきます。部位別に分けてしっかりと掃除を行っていけば対処可能ですので、是非詳細をご理解下さい。

壁や床

埃が溜まっているという事であれば一度掃除機をかけて頂き、その後「トイレ用シート」等で全体を掃除していきましょう。ただ、下手に水拭きなどを行ってしまうと、その水が媒介となって再度雑菌が繁殖してしまう可能性があります。しっかりと菌を拭き取る意識を持ちましょう。

掃除を終えた跡は、しっかりと乾拭きなどを行い湿気をキレイに取り除くようにしましょう。

トイレの裏側

トイレの裏側の「見える部分」を掃除するのはもちろんなのですが、、、
それ以外に裏側に入り込んでいる汚れなどの掃除も重要になります。

可能であれば、一度ウォシュレットの取り外し、分解等を行い全体をしっかりと掃除するようにしましょう。


これだけの掃除を行えば臭いが発生する事をほぼ防げます。
是非3ヶ月に一度程度の頻度で行ってみて下さい。