洗面台の掃除方法を解説

当ページでは洗面所の掃除の方法についてお伝えしていきます。
普段軽くスポンジでこするだけでは、どうしても対処できない汚れ等があります。
具体的な掃除の方法をお伝えしますので、参考にしてみてください。

まずは全体を掃除していこう

洗面所の掃除の第一歩は、やはり「洗面ボウル全体の掃除」となります。歯ブラシやコップなど、洗面台のフチに様々な物が置かれているかと思いますので、そういった物を全て取り除き、全体を掃除していきましょう。この全体掃除の際に極めてオススメなのが「ストッキングの利用」となります。

一般的にはあまり知られていないのですが、ストッキングは凹みの汚れを落とすときなどに極めて活躍をしてくれます。一般的なスポンジが入れない部分(蛇口のつなぎ目など)にストッキングを入れていき、細かい点も掃除をしていきましょう。

汚れが落ちにくい際の対処法

また、どうしても汚れが落ちにくい際には「クレンザー」等をご利用下さい。

クレンザーと言えば、小学校の頃の掃除等で利用をした方も多いのではないでしょうか。普段の家の掃除ではあまり利用をすることはありませんが、歯ブラシにクレンザーを載せてこすれば、大体の汚れは落とすことが出来ます。是非一度お試しください。

サビの汚れに対処をしよう

また、人によっては「サビ汚れ」に悩まされている事もあるかと思います。
洗面台にヘアピンやカミソリなどを置いていた場合、それが原因となってサビ製の汚れが発生してしまう事があります。こういった汚れは、いくらこすっても落とすことが出来ません。汚れを落とすためには「サビ専用の洗剤」が必須となりますので、掃除前に予めご用意下さい。

カビ汚れの対処法

比較的新しい家であればそれほど多くないかと思うのですが、、、比較的古い家であれば「カビ汚れ」に悩まされること多いかと思います。(どうしても古い家は通気性が悪いため、カビが発生しやすくなってしまうのです)

カビが発生してしまった場合は「専用のカビ取り剤」をアマゾン等で購入して利用していきましょう。また、カビなどは水がたまる所に発生しやすい性質となっております。普段からこまめに水分を取っておけばカビは防げますので、是非この機会に水分を除去する習慣を身に着けていきましょう。