カーペットの汚れについて徹底解説

当ページでは、カーペット汚れの対処法についてお伝えしていきます。
丸洗い出来るカーペットだったら良いのですが、大半のカーペットは丸洗い等が出来ない内容かと思います。そこで、具体的な掃除方法をお伝えしていきますので、是非実践してみてください。

掃除機でゴミを吸い取る

まず最初にしっかりとやっていただきたいのが「掃除機での全体吸い取り」となります。当ページで様々な掃除法をご紹介しますが、やはり一番最初は掃除機でホコリ等を吸うことが極めて重要になるのです。特に、毛足の長いカーペットなどの場合は、内側にホコリが溜まってしまいます。

掃除機をかけながら、毛足をかき分けていき、しっかりと「奥の方に入り込んだホコリ」も吸うようにしましょう。

コロコロも効果的?

基本的には掃除機でのホコリ取りが重要になるのですが、、、それ以外に「コロコロを利用した掃除」も重ねて行うと効果が高くなります。実際にやって頂くとわかるのですが、限界まで掃除機でホコリを吸い取った後でも、コロコロを利用すると、まだ汚れを取ることが出来るんですね。

掃除機で併用して、しっかりと奥からホコリを取りきるようにしましょう。

カーペットのシミは対処が可能?

次に、カーペットにシミがついてしまった場合の対処法をお伝えしていきます。
一言で「カーペットのシミ」と言っても、実際には油性や食べこぼし等、様々な種類が考えられます。なので掃除用品を選ぶ際には、大きく分けて下記内容で考えてみて下さい。

・油分が多いシミ・・・ベンジン
・食べこぼしなど・・・オキシドール

基本的には、これらの製品を利用することで、汚れを緩和することが出来ます。
是非お試しください。

ガムが付着してしまったらどうすればいいの?

次に「ガムが付着してしまった場合の対処法」を解説していきます。
個人的に最もオススメな方法としては「ガムを氷で冷やし取り除く」となります。

基本的に、ガムというのは「水分+熱」が影響することによって、ガム本来の粘つきなどを発生してしまいます。そのため、こびりついてしまったガムを対処するためには、まず氷で冷やし、粘着力を弱めることが極めて重要になるのです。

氷で冷やし外していき、最後どうしても対処出来ないこびりつきが合った際には「カッター等での取り除き」にてご対処下さい。毛足のあるカーペットであれば、多少カットをしても全体には影響ありません。気持ち的には抵抗があるかもしれませんが、是非このようにお試しください。