エアコンの掃除法を徹底的に解説!

当ページでは大掃除の際に是非行って頂きたい「エアコンの掃除法」についてお伝えしていきます。築を重ねていくにつれ、エアコンの掃除も重要になってきます。今まで行っていなかったのなら、是非この機会に取り組んでみて下さい。

まずはフィルターから対処をしていこう!

エアコンの掃除を行う際には、何よりも最初にフィルターを取り外し、キレイにしていきましょう。電源が切ったことを確認した後、フィルターを外し、表面についているホコリなどを掃除機で吸っていきましょう。(掃除機を利用するのが面倒くさい場合、外でホコリを落としていってもOKです)

ある程度ホコリが取り終わったら、洗面所orお風呂に持って行き、洗剤を利用して洗っていきます。一般的な台所用洗剤(ジョイ等)を利用して頂いて大丈夫なので、通常の3倍程度に薄めた上で、洗浄に利用していきましょう。

最後に洗剤等をしっかりと水で落としていき、風通しの良い日陰で保管をすれば完了です。しっかりと乾燥をさせ、エアコンの元の位置に設置をしてください。

エアコン内部を掃除していこう

フィルターを取り外している間に、エアコン内部を掃除機で吸っていきましょう。
ある程度利用をしていれば、ホコリが溜まっているはずなので、見える部分のホコリを全て吸っていき、更に部品を取り外した上で吸っていきましょう。

また、エアコンの上にもかなりホコリが溜まっている可能性があります。
このタイミングでしっかりとチェックをし、可能なら対処をしていってください。

重い汚れの場合、外部にも洗剤を利用しよう

基本的には、上2つのステップで対処が可能なはずなのですが、エアコンが置かれている状況によっては、より汚れが悪化している可能性があります(特に、キッチンにおかれているエアコンなどは、より汚れがまっている事が多いです)

そのように、外部が汚れている場合、中性洗剤などを利用して掃除をしていきましょう。このやり方は特に難しくありません。単純に「中性洗剤」を3倍程度に薄めて掃除をし、その後濡れ拭きで拭き取ればOKです。

室外機の周りにも意識を払おう

また、大掃除のタイミングで室外機にも注意を払って掃除をしていきましょう。
室外機というのは家の外にあるため、どうしても汚れや外部環境の変化に影響を受けやすくなってしまいます。例えば、室外機の排出口付近に植物が伸びていると、それだけでエアコンの効率が落ちてしまいます。大掃除などの際に、是非その点もチェックをしてみてください。